Note

Web Storage API

HTML5から導入されたWeb Storage API。
Cookieよりも直感的に、ブラウザがキーと値を保存できる仕組みで、
データの保存・上書き・削除・クリアなどの操作は、JavaScriptで行う。

Web Storage APIは2種類あり、「sessionStorage」と「localStorage」です。

 

sessionStorage

  • セッションデータのみを保存
  • データはブラウザ(またはタブ)が閉じられるまで保存
  • データがサーバに転送されることはない

 

localStorage

  • 有効期限なしでデータを保存し、JavaScriptでクリアできる。

 


使い方

保存

sessionStorage.setItem('hoge', 'active');

取得

sessionStorage.getItem('hoge');

削除

sessionStorage.removeItem('hoge');

クリア

sessionStorage.clear('hoge')

 


Sample

初回アクセスのみ、ポップアップを表示する

if( !sessionStorage.getItem('popup') ) {
    sessionStorage.setItem('popup', 'on');
    popupClose.visible();
    popupClose.init();
}